AGAのQ&A

AGAの遺伝的要素と眉毛用育毛剤

AGAの原因については多くの説がありますが、まだ決定的な答は出されていません。しかし男性ホルモンと遺伝的要素が大きな影響を与えているのは間違いないようです。一般にAGAの患者は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが多いと言われています。テストステロンは本来は髪を太くする働きを持ちますが、5αリダクターゼという酵素の作用でジヒドロテストステロンに変換されると、毛根の男性ホルモン受容体に結合して、脱毛の原因になります。現在では5αリダクターゼを活性化する遺伝子や、男性ホルモン受容体の遺伝子が解析されており、これらの異常がAGAにかかわっていると見られています。なお他にもAGAに関係する遺伝子は存在する可能性がありますし、ストレスや生活習慣も原因としては無視できません。
AGA治療薬の成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの作用を阻害してジヒドロテストステロンを減らし、脱毛予防の効果をもたらします。ただし男性ホルモン受容体の感受性は、毛の生えている部位によって異なることが分かっています。頭髪が薄いのにヒゲが濃い人が多いのも、このような理由によります。眉毛にはフィナステリドの効果がないため、太く濃くしたいなら眉毛用の育毛剤を使用する必要があります。
眉毛用の育毛剤の成分して代表的なものに、メチルテストステロンが挙げられます。この薬はホルモン剤の一種で、精力剤としても用いられます。しかしドーピング検査に引っかかる場合があり、スポーツ選手は特に注意を要します。また眉毛用の育毛剤を頭皮に塗ると逆効果になることもあります。ホルモン剤は副作用の可能性も考え、十分な知識を身につけた上で利用しましょう。