AGAのQ&A

さっぽろでAGA費用に困っている人は必見

AGA治療のデメリットのひとつとして保険適用外の問題があります。AGA男性型脱毛症は、いますぐ命の危険性、体調に異変をきたす症状ではないという判断から保険を使うことができません。よってすべて自己負担になりますので、費用が高くなります。またAGA治療の特徴として医薬品を服用し続けなければなりませんので、費用の問題は医薬品を使い続けることで長期化することになります。AGA治療を止めない限り、費用の問題から逃れることができません。

AGA専門クリニックもさっぽろに多くなりましたが、当然さっぽろ在住の方も例外というわけではなく、自己負担になりますので、費用の問題に付きまとわれることになるでしょう。クリニックに通う限り自己負担での医療費の支払いが続くことになります。しかしそれはクリニックで処方した時だけに限ります。クリニック以外で治療薬を服用されれば、費用について悩む必要もあります。その方法があります。もちろんさっぽろ在住の方も同一条件で行うことが可能です。

その方法は個人輸入代行業者を利用することです。輸入と聞くと、面倒なことをしなければならないように思えますが、そんなことはなくインターネットの通販を利用する感覚で購入することができます。個人輸入代行業者が運営しているサイトから、医薬品を注文し自宅に届くのを待つだけで良いです。クリニックで手に入れることができる医薬品はもちろん、同成分でもっと価格が安い医薬品も購入可能です。

ひとつだけ注意してほしいことがあり、あくまでも個人で使用する場合だけに使うことができます。他人に譲ったり、販売するようなことがあると刑罰の対象になりますので、その点だけは気を付けてください。