AGAのQ&A

AGAの禿げ方とは?

AGA(男性型脱毛症)は、体内で過剰分泌されたDHTが毛根の成長を阻害するによって抜け毛が増える遺伝性の脱毛症で、10代後半から30代の比較的若い時期に薄毛が始まります。
AGAではDHTの分泌量を減らさなければ薄毛の進行を抑制できないので、頭髪を自分で鏡で確認して気になったら早急に皮膚科を受診してDHTの分泌を抑制する「プロペシア」を処方してもらうことが大切です。

AGAの禿げ方はいくつかパターンがあるので、早期にAGAの兆候を発見するにはこのパターンを参考にするのがポイントです。
AGAではDHTの影響を受けやすい前頭部と頭頂部の抜け毛が顕著に生じやすいため、「M型」、「O型」、「U型(A型)」の3つの禿げ方のパターンに分類されます。

M型は前頭部の両サイドから徐々に剃りこみが深くなるように薄毛が進行していく禿げ方で、鏡を正面から見たときに額を確認するだけですぐにわかります。
O型は頭頂部の抜け毛が増加して徐々に薄くなっていき、最終的にカッパのようになってしまう薄毛です。
頭頂部の薄毛は鏡で正面から見ただけではわかりにくく、ある程度進行してから家族や友人に指摘されて気づく場合も多いので、早期発見のためには手鏡を頭頂部にかざすなど工夫して頻繁に自己チェックすることが大切です。
また、U型(A型)は、前頭部の中央部分の生え際の抜け毛が増加して後退がどんどん進行していく薄毛ですが、O型などの他のタイプの薄毛と同時に起こる場合もあります。

このようにAGAの禿げ方は上記の3パターンあるので、特に父親や祖父が薄毛だという方は毎朝鏡を見るときにチェックしてみましょう。
ただし、禿げ方が同じでも頭皮環境の悪化やストレスなどAGA以外が原因の場合もあるので、薄毛治療に定評のある皮膚科を速やかに受診して原因を詳細に調べてもらうことをお勧めします。

■AGA治療薬をお探しならこのサイトがオススメ
あんしん通販薬局の評判を調べて分かったこと
■オススメの地域別AGA治療院を探す
AGA 広島
■プロペシアと全く同じ成分
フィンペシア
■AGA治療薬アボダードのジェネリック医薬品
デュタス